茨城県南8市町村で構成する歯科医師会です。

歯科保健委員会開催
平成25年11月30日(土)18:30〜

牛久市中央生涯学習センター

参加者 57名

鶴見大学の鶴本先生をお迎えしてフッ化物応用についての歯科保健委員会講習会が開催されました。僕がこの委員会に入ってからはその影響もあり特に小児においては予防は今でしょ!としてフッ素を多用するようになりました。今まではそれを自ら望んで来院した患者を相手に何の気なしに使っていたので今回の鶴本先生の講義はまさにじぇじぇじぇ!でした。やはり重要なのは科学的な根拠を伴った公衆衛生的なフッ化物の応用だと思いました。考えてみれば歯科医院でのフッ化物応用は患者にとっては日常生活のほんの一瞬にすぎず、やはり効果とコストパフォーマンスからするとフロリデーションと小児期の集団的洗口が有効なようです。そこで問題になるのがどこにでもいる何にでも反対する団体の存在で、彼らの妨害に対してはやられたらやり返す、倍返しだ!フッ化物の虫歯予防効果は明らかであり、少子化の日本の宝である子供たちの未来へのお・も・て・な・し!になることを信じています。
(大里 一 記)