茨城県南8市町村で構成する歯科医師会です。

ファミリーコンサート開催
厚生委員会&歯科保健委員会
ファミリーコンサート開催

平成27年9月21日(敬老の日)に牛久市生涯学習センター文化ホールにてファミリーコンサートが開催されました。今回で7回目となるこのコンサート、昨年度は同場所の多目的ホールが定員オーバーとなる来場者数になった為、大ホールでの開催となりました。今回は歯科保健委員会との合同事業となり、入口ホールには歯科関連のブースも出展し、受付横にも歯周病予防、8020運動、かかりつけ歯科、定期検診についてのパネルも展示されました。出展企業は、ケーオーデンタル(株)・トクヤマデンタル(株)・ティーアンドケー(株)でサンプル品の提供や電動歯ブラシなどの商品を展示していただきました。開演前に、主催者側からの挨拶のあと、山田知範副会長から茨城県南歯科医師会の活動についてのお話、また8020運動に関する資料を持参していただき、かかりつけ歯科の大切さについてわかりやすく説明していただきました。
続いて厚生委員会の秋山文也先生から、コンサートの関係者の紹介と今回会場を確保するにあたってご尽力いただいた牛久市議会議員の小松崎伸議員に挨拶をいただいた後、コンサート開始となりました。
最初に取手二中吹奏楽部(34名)のスマップの“JOY”,進撃の巨人の主題歌“紅蓮の弓矢”、おおなじみ“シング、シング、シング”の演奏、続いて牛久三中吹奏楽部(30名)の嵐の“GUTS!”,“Make Her Mine−in Swing−”の演奏がありました。演奏の合間にコント風の笑いの演出を加えるなど各中学校吹奏楽部の生徒さん達ものびのびと演奏を楽しんでいたようです。
続いて、我々、県南歯科医師会から急遽出演が決まった取手の大崎健彦先生率いるTS-Q(取手サックスカルテット)がマイケルジャクソン編曲The Real Group[BAD]の演奏で前半が終了しました。休憩をはさんでサマーウィンド&ゲストミュージシャンによる後半の演奏が始まりました。おなじみのJAZZナンバーの後、ヴォーカル仲野亜希子さん(曲:バークリースクエアーのナイチンゲール、ロンリーインニューヨーク、テイクファイブなど)が加わるとその歌声とJAZZサウンドが大ホールに響き渡りました。鳴りやまない拍手の中、アンコール曲のオールオンミーにて終了となりました。
今回はシルバーウイークの真っただ中の開催のため来場者数が心配されましたが、490名もの人が来場され大盛況となりました。文化ホールでの開催に当たっては、初めての事が多く、バンド関係者や学校関係者、市の職員の方々と何度も打ち合わせを重ね、歯科保健委員会の協力のもとで無事終了することができました。また終了後会場内の掃除を手伝って頂いた会員の先生方に感謝いたします。ありがとうございました。
(吉田文典 記)